<< 気軽に着れるキモノ | main | 作り帯にして着物を簡単に着装 >>

譲りうけた着物を自分サイズの着物に仕立て直し

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 

譲り受けた着物。

反物のままであってもそのままで、なにか活用できないかとの相談です。

 

 

反物の巾、最近の反物は巾を長めにとってありますが、

昔の反物は今のと比べて少し短いのが多い。袖巾と肩巾をギリギリ長めに見積もってどのくらい

の長さをとれるか。

 

更紗染の着尺。染の工程で型紙を多く利用した、手の込んだ染の反物。いまでは手仕事の型染でするところが

ほとんど皆無に近いので、なんとか活用したい反物。

 

和装として活用するご提案は

|緤に仕立て直す。

▲魁璽箸忙杜てる

1織にする

ぢ咾忙杜てる、染帯になる

 

今回は、更紗の貴重な反物で、和のお稽古などで着る機会の多い方なので、袷の着物に仕立てることにしました。

八掛(すそ回し)も洗って再利用。胴裏はとくに正絹は黄ばんでっくるので新品にすることをおすすめします。

 

 

譲り受けた着物をほどいて再利用(自分サイズの袷の着物に)するメリットとデメリット

 

メリット…未仕立てのまま眠っていた反物を、自分のサイズにお仕立てすることで、ご活用できる。

     加工代だけで自分の寸法にあった着物を手にいれられる。

 

デメリット…以前の反物は巾狭いので、裄(ゆき)が短めに仕上がるので、長い裄に慣れた方は着方で工夫。

 

 

洗い張り、ほどいた状態でお持ち込み。

 

 

着物のパーツごとに分かれている部分を縫って(は縫い)一つの反物に。

は縫い直して、水洗いをして反物のよごれを水で落として、仕立てしやすいように、反物を整えます。

 

 

むらまご呉服店

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 仕立直し&染直し | 11:09 | comments(0) | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--